甘く香るか青いバラ

ロードバイク初心者がディスクロード+EPSを自分で組んだ記録から始めてみる

スロベニア・クロアチア旅行記 4th day 8月21日火曜日(ローマ遺跡群からプリトヴィツェへ)

4日目。今日も晴れ。

《行程概要》

⑴プラ(プーラ)Pula:ローマ帝国時代栄えた街プラで、円形闘技場をはじめとするローマ遺跡を巡る。

⑵ポレッチ(ポレチュ)Porec:世界遺産エウフラシウス聖堂を見学し、ランチ予定。

⑶午後はプリトヴィツェまでのロングドライブ。

 

朝食は☆3で標準的なコンチネンタル(コールドミール)。イタリアなら☆3でも出る菓子パンは無し、コーヒーもセルフ。このホテルのレストランは有名なので、この辺も良くなると選び甲斐があるかなと。市内観光終わった後チェックアウト。

f:id:ABi-R:20181222105014j:plain

 

1.プラPula

 

円形闘技場Amfiteatar(TA2/52)

夏の開場時間→8:00-19:00

料金→Kn50@1人

まずは真っ先にここ。8時半頃入場。

f:id:ABi-R:20181222105230j:plain

プラのシンボル円形闘技場は、世界6番目の大きさだそうです。1世紀のものだそうですが、保存状態良好。

f:id:ABi-R:20181222105247j:plain

f:id:ABi-R:20181222105449j:plain

f:id:ABi-R:20181222105527j:plain

f:id:ABi-R:20181222105700j:plain

f:id:ABi-R:20181222105740j:plain

 

⑵双子門Dvojna vrata(TA14/52)

古代ローマ時代の市域に入るための門の1つだそうです。

f:id:ABi-R:20181222105837j:plain

2世紀のものだそうですが、保存状態良好。

地図を見ると急坂で円形劇場に繋がっているようですが、解放された通路は無かった記憶。どうやらこれの先はローマ劇場でなく、地下トンネル入口らしいです。

 

⑶ゼルギウス凱旋門Slavoluk Sergijevaca(TA9/52)

街のメインストリート入口にある門。

f:id:ABi-R:20181222105929j:plain

歩いていると突如現れるのに違和感無し。1世紀のものだそうですが、以下同文。

 

ここから2000年の歴史を持つメインストリートを歩きますが、暑い&日差しが強いので、土産屋寄って嫁の帽子購入。

 

⑷ローマン・モザイクMozaik kažnjavanja Dirke(TA12/52)

場所は分かり難いです。加えて通信環境の問題でしょうが、地図と自分の位置が合わず、暫く近くの公園、名のある公園でなく、ただの公園の中を探し回りました。公園に隣接した建物の裏、公園からだと1本離れた道からアプローチします。

f:id:ABi-R:20181222110150j:plain

素晴らしい仕事です。屋根は架かってますが、もう少し保全環境良くしてほしい。

 

アウグストゥス神殿Augustov Hram(TA10/52)

市役所や州政府事務所と一緒に広場を囲んでいます。2000年前からずっと街の中心てことですね。

f:id:ABi-R:20181222110257j:plain

 

⑹聖フランチェスコ教会Crkva i samostan sv. Franje(TA8/52)

前を通っただけ。建物の上にペラい鐘楼が載っているのが特徴。

f:id:ABi-R:20181222110525j:plain

ゴシックかな。

ホントは中庭がいいらしいです。

 

⑺小ローマ劇場Malo rimsko kazaliste(TA18/52)

丘の上にあります。隣接したヴェネツィア要塞ともども整備中。要塞側には多少観光客いましたが、劇場側は工事関係者を除くと私たちだけ。

f:id:ABi-R:20181222110940j:plain

丘の上なので、円形闘技場がよく見えます。

f:id:ABi-R:20181222110740j:plain

 

ヴェネツィア要塞Kastel(TA11/52)

ローマ帝国滅亡後で長かったのはヴェネツィアの支配。これはその当時の要塞跡。

f:id:ABi-R:20181222110911j:plain

f:id:ABi-R:20181222111038j:plain

【劇場から要塞を見上げた図】

2017年に登録された世界遺産「16-17世紀ヴェネツィア共和国建造の軍事防御設備」には、クロアチア🇭🇷とモンテネグロ🇲🇪の域内のものが含まれ、今回旅行の訪問先ではポレッチのエウフラシウス聖堂も当初の候補時点では含まれたものがのち除外されたようですが、これやトロギルの要塞は最初から含ませていません。


オーストリア=ハンガリー帝国期の地下トンネルが最近推されているようで、歩いていて気付きましたが、特に興味を引かなかったのでスルー。

 

ホテルの近くにも何かの遺構がありますが、聖テオドールさんて誰だろう❓テオドシウス帝なら大事ですが、キリスト教の聖人には興味ないんで。

f:id:ABi-R:20181222111345j:plain 

 

以上でプラ観光終了。

チェックアウトして、円形闘技場に別れを告げます。

f:id:ABi-R:20181222111801j:plain

f:id:ABi-R:20181222111902j:plain

 

プラの情報は概ねここで揃います。

www.pulainfo.hr

 

この後ポレッチに向けてE751を約60km/50分の移動。

ポレッチ市内でカーナビに登録した旧市街最寄りの駐車場は満車閉鎖中。で、旧第2候補の駐車場に向けて移動中長い信号待ちの列に付くと、左折車線は空いていて対向車もいません。ラッキー🤞とばかりに左にハンドル切り、列を外して加速した瞬間、、、

 

トン❗️

 

…トン⁉️

🐽トン❓❓

 

右ミラーが後ろでなく助手席の嫁を写しています。

 

Ouch_| ̄|○

前🚐にヒットしました。

 

横付けして声を掛け、車通りの少ないところへ着いて行きます。

ヤバイなあ、ベンツ(スプリンターのワゴンタイプ)だよ。。。高っかいだろうなあ。。。😱

とビビりながらデカい外人さんに詫びます。

で、現車確認しますが、相手方の🚐に傷は見当たりません。こっちのミラーが横向いているので、高さが同じリアコンビランプの角をよく見てくれと説明。リアコンビランプにもこちらのミラーにも外傷なし。

Ok, no probrem.

と言ってもらいました。

再度詫びて「良い旅を」と言って別れました。

事故起きると旅の楽しい気持ちも消し飛びますね。嫁にも謝りました🙇‍♂️。

十分な距離あったつもりでしたが、逆通行で座席と反対側の見切りがまだイメージと合っていなかったようです。運転していない嫁は、車線内若干対向車線寄りの標準ポジションで走っている私に「中央線超えるな❗️」と何回も言ってきたし。

 

2.ポレッチPorec

 

第2候補の駐車場に入り、エウフラシウス聖堂まで一本道約800m歩きます。今日も暑いです。

f:id:ABi-R:20181222112448j:plain

 

エウフラシウス聖堂Eufrazijeva bazilika(TA1/43)

この旅2つめの世界遺産

f:id:ABi-R:20181222113406j:plain

 

6世紀の洗礼堂などが初期ビザンティン美術の傑作とされています。

f:id:ABi-R:20181222112551j:plain

f:id:ABi-R:20181222112606j:plain

確かにビザンチンとか古い様式。

ビザンチンといえば金のモザイク。

f:id:ABi-R:20181222112728j:plain


私としては、床のもっと古い(4世紀)ローマン・モザイクの方が好きですが。

f:id:ABi-R:20181222113000j:plainf:id:ABi-R:20181222112912j:plain

オスティアとかのローマ遺跡だと魚屋の印になりますが、キリスト教の印です。

鐘楼に登ります。旧市街もいいですが、

f:id:ABi-R:20181222113221j:plain

青いアドリア海が綺麗。

f:id:ABi-R:20181222113234j:plain

個人的には鐘楼からの景色がハイライトかな。

www.zupaporec.com

 

更に400m程進んで突端部手前まで来ると、

ネプチューン神殿のガラクタVeliki i Neptunov Hram(TA21/43)

私はこういうのが好きですが、暑さで嫁が限界。

f:id:ABi-R:20181222113752j:plain

f:id:ABi-R:20181222113840j:plain

これは多分玄関が超絶に古い。

 

⑶ロマネスクの家Romanicka Kuca(TA10/43)

保存状態のいいロマネスク期の家だそうです。

f:id:ABi-R:20181222114328j:plain

 

さて、ランチ。前日あたりから強調を始めましたが、暑いです。

どの店もテラスに席を並べ、微熱風が石畳の上をそよぎます。さっぱり詩的ではありません。

ジェラートにも惹かれません。

 

嫁の希望で適当にパン🥪買って車中で涼むことにしました。駐車場と旧市街の途中にあるIS Marketで食品、ドリンクを購入して車に。

ああ、エアコンて素敵。

 

この後はE751を長時間のドライブ。

移動は順調、車で十分涼んだので、当初スキップ予定だったリエカのトルサット城に寄ることにしました。

🅿️は徒歩で500mの体育館の駐車場free。

 

3.リエカRijeka

 

⑴トルサット城Trsatska Gradina(TA2/77)

城自体は大したことないので、建物内には入らず、嫁を日陰に置いて、私1人城壁を巡って写真撮影。

f:id:ABi-R:20181222121040j:plain
f:id:ABi-R:20181222120746j:plain 

f:id:ABi-R:20181222120815j:plain

f:id:ABi-R:20181222120945j:plain

リエカの街を見下ろす1番高い丘なので、眺めがいいのでした。(景勝地という程ではない。)

f:id:ABi-R:20181222121112j:plain

 

⑵トルサット聖マリア教会Crkva Gospe Trsatske(TA9/77)

城の前の聖マリア教会前庭には、2.5mくらいある巨大なヨハネ・パウロ2世行幸記念銅像があります。みんな触るので、手だけピカピカ。

f:id:ABi-R:20181222121427j:plain

建物はシンプルなルネサンスと思われる一方、祭壇が妙に派手。バロックを超えてロココな感じ。

f:id:ABi-R:20181222121519j:plain

 

因みにリエカは川崎市姉妹都市です。知人に川崎市関係者がいて、だから寄ったということですが。

 

リエカを発ったらひたすらプリトヴィツェへのドライブ。168km/2時間半。

距離は短いかもしれないが、私のように峠道をメチャ飛ばす奴じゃない限り時間短縮メリット絶対ない、狭ーい山道D42を相当な距離走りました。皆さんはカーナビが何と言おうとD52を通りましょう。

 

ホテル・イェゼロHotel Jesero☆☆☆(TA6/9)

Hotel Jezero - Nacionalni park "Plitvička jezera"

所謂ホテルの半分はこの場所に固まっていて、あとは湖沼群と道路に沿ってロッジやらゲストハウスが多数点在。

ポストイナのヤマと違って普通に大型観光ホテルの風情。アジア系含めて団体が多いです。

エリア最高級ですが、それでも☆3なので、広さを確保するためのジュニアスイートにしました。🅿️ビューで、普通のツインよりはいいでしょうが、普通に部屋が2つという感じ。大して広くなかったです。€170。何でユーロなんだろ。Booking.comで予約する際の決済通貨間違えたかな。

 

夕食は、Licka kuca(TA4/26)。

National restaurant Lička kuća - Nacionalni park "Plitvička jezera"

エリアでは1番高級らしいですが、高級店ではないです。公園のメインエントランス前、割と最近火災で焼失し、同じ場所で営業を再開しているのだそうです。普通にレストランですが、説明読むと国立とか書いてます。国立公園内のレストランだかある話か。

メインディッシュは、私は自家製ソーセージ、

f:id:ABi-R:20181222145515j:plain

嫁は鱒。

f:id:ABi-R:20181222173926j:plain

接客はフレンドリーでテーブルの様子をよく見ています。美味しくて値段も(日本人の感覚では)高くないです。おススメです。Kn299。

 

今日はロングドライブでした。

おやすみなさい😴

 

《本日の移動》約260km/3時間30分

f:id:ABi-R:20181216131017j:plain