甘く香るか青いバラ

ロードバイク初心者がディスクロード+EPSを自分で組んだ記録から始めてみる

スロベニア・クロアチア旅行記 6th day 8月23日木曜日(スプリトから最終訪問地ドゥヴロブニクへ)

6日目。毎日晴れ。

《行程概要》

⑴午前中いっぱいスプリトを観光。

⑵午後はドゥブロヴニクまで長距離移動、途中はマカルスカに寄る予定。マカルスカは、海岸の街から僅か5-6kmくらいでクロアチア第二の高峰Sveti Jureが聳える(実際にはもっと近い前衛峰に遮られてその山自体は見えないですが、この山脈が海に迫っている感じがいいのです。)景勝地との情報。

 

1.スプリトSplit

 

まず朝一人で静かな城内を巡って写真撮影。

立ち並ぶ店が開店前で静かな宮殿内を青銅の門から。

f:id:ABi-R:20181223074751j:plain

「どの部分が」と言い難い観ありますが、ディオクレティアヌス帝宮殿がTA4/120。

 

銀の門Srebrena Vrata(TA22/120)。

f:id:ABi-R:20181223075202j:plain

金の門Zlatna Vrata(TA37/120)。

f:id:ABi-R:20181223075348j:plain

鉄の門Zeljezna Vrata(TA67/120)。

f:id:ABi-R:20181223075555j:plain

宮殿広場Peristil(TA6/120)。

f:id:ABi-R:20181223080333j:plain

大聖堂を見上げてみました。

f:id:ABi-R:20181223080614j:plain

ロマネスクですね。

 

広場の入り口から。

f:id:ABi-R:20181223082042j:plain

 

前庭Vestibule(TA62/120)は元々はモザイクに覆われた天井があったそうです。
f:id:ABi-R:20181223080120j:plain

ニッチとアーチのローマ建築の特徴がそのまま残っています。

f:id:ABi-R:20181223080901j:plain

モザイク。

f:id:ABi-R:20181223081303j:plain

完全無人の瞬間。

f:id:ABi-R:20181223081339j:plain
ホントに宮殿と街が一体化してます。

f:id:ABi-R:20181223081551j:plain

 

ナロドニ人民広場Narodni Trd(TA13/120)に戻ってきました。

f:id:ABi-R:20181223081836j:plain

7時半です。

f:id:ABi-R:20181223081859j:plain

 

そもそも厨房らしい厨房がないホテルだけに、コーヒーもサーバーでセルフサービスの著しく簡素な朝食の写真は省略し、観光に出ます。

 

まずは宮殿地下Podrumi(TA21/120)。

料金→Kn42@1人

街に取り込まれていない部分が見れます。

世界遺産マークはこの入口にあります。

パンフは英語版。

f:id:ABi-R:20181223082926j:plain

広い部屋はコンサートなど開催されるそう。

f:id:ABi-R:20181223083052j:plain

f:id:ABi-R:20181223083123j:plain

好きな人でなければお金払って入る程ではない感じしますが、私は超好きなんです。

聖ドムニウス大聖堂Katedrala sv. Duje(TA8/120)

ローマの上にロマネスクが載ってます。

料金→本堂のみだか鐘楼除外だかの青チケットKn25@1人、全部入り赤チケットKn45@1人

f:id:ABi-R:20181223085100j:plain

f:id:ABi-R:20181223084703j:plain

 

f:id:ABi-R:20181223085235j:plain

f:id:ABi-R:20181223085252j:plain

鐘楼は人数制限があるので並びます。韓国人カップルに次ぐ3番目で待って入場。(踊り場で追い越しました。)

f:id:ABi-R:20181223085652j:plain

f:id:ABi-R:20181223085742j:plain

f:id:ABi-R:20181223085813j:plain

f:id:ABi-R:20181223085846j:plain

f:id:ABi-R:20181223085908j:plain

堂内を上から覗き込める窓もありました。

f:id:ABi-R:20181223090017j:plain

f:id:ABi-R:20181223090117j:plain

ジュピター神殿Jupiterov Hram/洗礼堂sv. Ivan Krstitelj(TA32/120)の天井と扉(内側から)。

f:id:ABi-R:20181223090357j:plain


宮殿広場には12時に皇帝がお出ましになります。

f:id:ABi-R:20181223090621j:plain

f:id:ABi-R:20181223091025j:plain

 

ランチは、広場近くのベーカリーで買ったパンKn50を皇帝待ちの間に広場で。

 

ナロドニ広場に戻ります。

時計(TA20/120)は分かり難い24時間表示。

f:id:ABi-R:20181223092226j:plain

 

チェックアウトし、来た時と同じく電動カートで駐車場。
f:id:ABi-R:20181223093146j:plain

 

マカルスカへはE65を88km/1時間10分。

 

ビオコヴォ山脈Biokovoが見えてきました。

f:id:ABi-R:20181223093547j:plain

 

E65を降りてSveti Ilija Tunnelに入る手前で路面が濡れていて、少し雨がパラつきました。この旅初めての雨は、触ることもなく終わりました。

 

マカルスカ目前ですが、どうせ暑かろうということで、寄るのを止めてD8をPromajaの街の上で折り返し、ドゥブロヴニクに直行することにしました。

f:id:ABi-R:20181223094421j:plain

f:id:ABi-R:20181223094455j:plain

f:id:ABi-R:20181223100453j:plain

クロアチアにもヒルクライマー。

f:id:ABi-R:20181223100523j:plain

長旅を伴にしたスズキVITARAとビオコヴォ山脈を見上げます。

f:id:ABi-R:20181223094702j:plain

 

ここからドゥブロヴニクまで177km/2時間半。E65〜D425〜D8〜M2〜D8。

 

全部大理石の山。

f:id:ABi-R:20181223100021j:plain

 

E65を降りたところからは一般道を走行。僅か7kmですがボスニア・ヘルツェゴヴィナを通過します。

 

7回目のクロスボーダー。クロアチア🇭🇷→ボスニア・ヘルツェゴヴィナ。4個目の車スタンプ押してもらいました。

f:id:ABi-R:20181223100641j:plain

 

ドラ供菓子も水も足りていたので、ネウムでは止まらず通過。

この後8回目、陸路最後のクロスボーダー。

ノンストップだったため、実はこの写真がボスニアinなのかoutなのか不明。ネウムで止まってボスニア証拠写真撮っておくべきでしたね。


17時、最終目的地ドゥブロヴニクに着きました。

この旅7つ目の世界遺産

 

ホテル・グランド・ヴィラ・アルジェンティーナGrand Villa Argentina☆☆☆☆☆ (TA4/836)

www.adriaticluxuryhotels.comk

旧市街を望む立地&エクセルシオールよりクラシックな雰囲気で選定。Ocean Frontのバルコニー付きデラックスルームを予約したら、スイートにアップグレードして貰いました。€324@1泊。

ウェルカムまんじゅう→定番のバヤデラBajaderaとフルーツ。バヤデラは連泊すると補充されます。掃除とは別の時間帯、午睡中に持ってきました。

水2本も掃除の時に補充されます。

f:id:ABi-R:20181223102904j:plain

f:id:ABi-R:20181223102944j:plain

バルコニーからはロクルム島。

f:id:ABi-R:20181223103326j:plain

右を見遣ると旧市街が見えました。

f:id:ABi-R:20181223103025j:plain

 

アメニティも最初のVila SplitからGENEVA GUILDを持ち歩いてきましたが、ここはL’Occitaneでした。

f:id:ABi-R:20181224194539j:plain

Switchして、日計分を超えたものは有難くいただいてきました。

f:id:ABi-R:20181224194826j:plain

まあ海外物は、シリコンが入ってないシャンプーがギシギシいう、ボディソープならぬバスジェルの泡立ちが悪い、という問題がありますが。

 

ドゥブロヴニクでは高級な店で優雅なディナーにしたかったので、ホテルのレストランと旧市街の候補3つ程挙げ、フロントから予約してもらいました。

今日→ホテルのレストラン・ヴィクトリアVictoria(TA45/359)

明日→旧市街のレストラン・ドゥブロヴニクDubrovnik(TA4/359)

 

今日のディナーは19時から。

レストランは勿論バルコニー席。一番海・旧市街寄りの角の席を用意していただきました。

f:id:ABi-R:20181223103622j:plain

f:id:ABi-R:20181223103758j:plain

f:id:ABi-R:20181223104139j:plain

f:id:ABi-R:20181223104242j:plain

f:id:ABi-R:20181223104856j:plain

高級店がこんなことする筈はなく、私のいたずら。

f:id:ABi-R:20181223105219j:plain

地元食材フレンチコース。ホテルの領収書が見当たらないがアラカルトメニューからすると2人で25,000円くらい。

 

ディナーの後は中庭を散策して、部屋に戻りました。3連アーチが我らの部屋。

f:id:ABi-R:20181223105544j:plain

 

明日は(この旅としては)ゆっくり寝。

おやすみなさい。

 

《本日の移動》262km/3時間40分

f:id:ABi-R:20181216131530j:plain

 

《Optional》

・マカルスカMakarska、ビオコヴォ自然公園Biokovo、ストンSton、フヴァル島Hvar、ヴィス島Vis、ビシェヴォ島Bisevo:ダルマツィア南部に滞在するなら全部行きたいところ。

・最終目的地まで来てしまいましたが、多数の自然公園があるので時間があったらトレッキングしたかった。

・触れませんでしたが、スロベニアクロアチアも至るところに「Cave」の表示があり、日本未紹介の洞窟も沢山あります。