甘く香るか青いバラ

ロードバイク初心者がディスクロード+EPSを自分で組んだ記録から始めてみる

腕を吊って歩いていると

術後1ヶ月間のことだったので、もう外れて長いですが、これ見よがしなアームスリングをしてました。

 

メーカー違いますが、こんなの↓

 

目立ちます。目さえあれば認識できます。(注1)

こんなんなので、世の人達は気を遣ってくれるだろうと思いがちです。

 

が、

 

基本的にそんなことないです。

気遣いを感じることもありますが、大概ないです。

 

《座っている時》

まあ私、あまり座らないのですが。

座席よりも幅が広いのにどうしても座りたいなら座席幅まで目一杯縮こまればいいものを(細い人の理屈かも知れませんが、シェアするってのはそういうことだと私は思います)、肩やら肘やらグイグイ押し込んで隣を圧迫したり、被さってくる奴がいます。「痛いので患部を押さないでいただけますか?」とクレームします。

 

バッグを前に抱え、或いはバッグを抱えなくても、スマホを両手打ちし、脇が甘くてやたら肘を動かして擦り付けてくる奴がいます。「触んじゃねーよ、気持ち悪りーな」とクレームします(注2)。自分がされて気持ち悪くないのかしら?私は若くて美しい女性が相手でも嫌だ。

困っている自覚のあった私は、自分よりは困ってなさそうな人がよく座っているシルバーシート行った方がよかったのかしら。

 

《歩いている時》

通行の流れに沿って歩いている私(注3)に、対面からぶつかってくる奴がいます。

流れに逆行して他者の通行を妨げている点同じですが、初めから狙って目掛けてくるとまでは言わないが相手が自分を避けないとみたら向かってくる奴(Type1)と、自分の最短経路のためなら人の流れを乱すこともぶつかることも厭わない奴(Type2)。大概男性。わざとぶつかるから謝りもしなければ振り返りすらしない。あと大半はぶつかってこないで最後は避けますが(Type3)が大半ですが、それは「避けたフリ」です。気付けないのか気にしない戦後民主主義なのか知りませんが、天邪鬼にも流れに棹差して自ら創作した他者との対立関係で引いても、「譲り合い」とは言いません。自作自演。

わざとではないかもしれないが突撃してくる奴もいます。横向いて話していたり(Type4)、店に気を取られたり(Type5)。残念ながら、これは多くは女性。人様の邪魔をしているのに気付かない。うちの嫁も時々ぶつかられたとか言いますが、一緒にいて観察していると、嫁の方が悪かったんじゃないかと思う。

 

スリング装着期間中、私と正面衝突してギャグ漫画のように吹っ飛んだType5女性がいました。狭い通路4人並んで塞ぎ、真横向いて喋りながら対向の私の進路を空けない。半身になって怪我をしている腕を持っていかれたり腕に当たられたらもっと困るので、半歩避けせず止まりましたよ、私は。そこにまともに突っ込んで来ました。対向1人分さえ空ければ通りようもあるのに。

スリング外れた後も、対向してきた女性が、大きく蛇行して私の動線を横切り、それから斜行して再度私の動線に入って私(の右肩)にぶつかりました。そして「わざとぶつかっただろ」と声を上げてました。通路端寄りを真っ直ぐ歩いていた私に対して何という言い草でしょうか。早く治りたい右肩をわざとぶつける筈も無いし、どっち行けば不規則運動しているお前を避けられるかなんて分かんねーよ。

 

ああそうか、こいつらは、、、

当たり屋か❗️

 

そもそも周りを見て合わせられない/他者を尊重できずに部分最適(自分の目先の利益)をナチュラルに優先するところが人格障害。加害者が被害者面するところも人格障害

 

言っとくけど私避けてます。寸前でなく、数十m手前で相手を視認したところからポジションを調整します。

上述「避けたフリ」をするのが大嫌いなんです。

ブラインドでの出会い頭なら大概私が退いて回避しています。衝突時の私の速度は大概0です。

 

若き日の可哀想な私は思いました。

↓こんな風だったらなあ

f:id:ABi-R:20190601085416j:image

https://twitter.com/nba_wy/status/482186219007131648

 

f:id:ABi-R:20190601092117j:image

【初代デミオのCM出てました ©︎マツダ

身長203cmです。

体重103kgです。

先日NBAドラフトでワシントン・ウィザーズに指名された八村塁さんのポジションのレジェンドです。神マイケル・ジョーダンさんを挙げるのはベタに過ぎるということもあって、モスト・フェイバリット・バスケットボーラーに挙げるスコッティ・ピッペンさん。

こんなデカくても多分Type4,5の人には見えないと思いますが、Type1,2の人には効果覿面。彼らは自分より強そうな人にはぶつかりません。

日本での実生活には180cm超えると不便だと思いますが。

 

注1:大分前、20年以上前、スマホ見ながら歩くとかいうバカモンが大量に発生する前の話。くっちゃべりながらフラフラ歩って、追越しを掛けていた私にぶつかった奴に言ったことあります。「前が見えない人は目が悪いんだから仕方がない。でも後ろが見えない奴は頭が悪い。自分が馬鹿ではないと思うなら、周りに目を配れ。」今は視力あるはずなのに前が見えない馬鹿だらけですが。

注2:大概女性ですが、相手が女性だから強い言葉を発している訳ではありません。「太っていても座りたい」権利はあると思いますが、ゲームやらLINEは周りにぶつかったりする権利を与えていないと思っているだけ。

注3:大概左側ですが、日本(少なくとも都市部)の通行マナーが左側通行で出来上がってるからであって、別に左側通行原理主義ではないので、右側通行指定されていれば右を歩くし、流れが右側通行なら右を歩くもんだと思います。