甘く香るか青いバラ

ロードバイク初心者がディスクロード+EPSを自分で組んだ記録から始めてみる

とか言っているうちにまた事故、というか

という1つ前の記事(上は暫く前に起こしてダラダラ書いていたもの)を大体書き終えた今日、18:20頃地下鉄大手町駅でトラブルを起こしていたのは私です。

 

右側通行指定の階段の右端1人幅を上っていた終盤、対向から下りてくる者が、進路を譲らずに「退け」と言ってきました。私が「ここは右側通行指定で、退くのは右側を1人幅で通って退路のない私でなくそっちだ」と言ったら、其奴は暫くして不満そうな顔をしながら私の進路を空けて降り始めましたが、すれ違った後私の脚を蹴りました。1つ下の段から私の左脚脹脛を。振り返って右足の甲で。

私は、意外にクイックにも其奴の胸ぐらを左手で掴み、そのまま階段を数段上がって階上に引き上げました。私人逮捕。

格闘技経験は昔流行ったビリーズ・ブートキャンプのみ(←格闘技ではありません)、特に裕福でもなく購買業務経験もないので「売られた喧嘩は買う」程のバイイングパワーは持っていないのですが、つい「悪人許すまじ」と行動してしまいます。

「離せ」とうるさいですが、私は低品質の喧嘩を買う程愚かであっても逃亡する気満々の人間を言われるままに離して取り逃がす程愚かではありません。

すると其奴、「シャツが破れた、弁償しろ」と言い出します。

「なら丁度いい。駅事務室行こう。」と言ってそのまま引っ張って行こうとした私ですが、確かにシャツは危ない。

右手で其奴のバックパックのショルダーストラップに持ち替えましたが、腕力が落ちて且つ怪我が怖い右は強く引けず、逃げようとする其奴をグリップしきれずに2段程下がったところで、左手に持ち替えてがっちりグリップしました。

周りの目が気になったか形勢不利を悟ったか、其奴の態度が変わります。変化1回目。大声で「すいません、離してください。」と私でなく周囲にアピールを始めます。一方で体を物凄い角度で階段下り方向に前傾させ、私の足を踏んで引き離そうとします。希望を聞き入れて離してあげたい衝動に駆られそうになりますが、離したら其奴はビッグダイブして大怪我すること請け合い。とても離せません。こんなのと組体操する気などありませんが、かと言って男性の体重を支えられる程体が重いわけではない私には、抑えているのは大変でしたが。。。

そうしているうち声を掛けてくださった通りがかりの女性に、暴行犯を取り押さえているので駅員を呼んで欲しい、と依頼。暫くすると女性の駅員さん到着。

通りがかりの女性の方ありがとうございます。怖かったですよね。お礼も言えず申し訳ありませんでした。

女性の駅員さんに事情を説明し始めたところで男性駅員2名も到着。男性駅員が退路を遮断してくださっているので、漸く手を離しました。

で、改めて事情を説明。専ら私が。

其奴はシャツ代を払えと主張し、私は払ってやってもいいがその前に警察だ、暴行を受けたので病院で診察を受けると主張。

其奴はシャツを破られたと言いますが、残念ながらボタンすら外れておらず。で、駅員さんに対して蹴ったことを言わないので詰問したら「足がぶつかった」とか言い出し、「どうやったら左の脹脛に右足の甲が当たるんだよ」と私が言ったら黙りました。どんだけ汚い靴を履いていたのか知りませんが、あとで見たら私のパンツに跡が付いてました。クリーニング代を現金で取るべきだった。。。

で、私が警察を呼ぶよう駅員さんに依頼するのを聞いて観念したか、変化2回目。

「もういいです。謝ります。」と突然其奴。

「両成敗じゃないよ。あんたのシャツが破れていたとしても俺は謝らないよ。」と私。

「すいません、土下座して謝れば許してもらえますか。」と其奴。

「いいよ。」と答えたら、、、

其奴は土下座して頭を下げました。

!!ワタシ、ジャパニーズドゲザ、リアルドゲザ初メテ見マシタ!!

 

f:id:ABi-R:20190718235404j:plain

https://bokete.jp/boke/59862783

 

そして其奴は脱兎の如く去って行きました。

ワタシは駅員さんに迷惑掛けたお詫びとお礼を言って去りました。

と改札を出ようとしたら、iPhoneが緊急SOS発信で110番に繋がってました。どの瞬間から始まったか分かりませんが、現場実況〜事後環境音まで5分強をお巡りさんに聴かせてしまってました。手に持っていたiPhoneの両サイドのボタンを同時押ししていたんですな。大体聞こえていたようですが、事情を再説明してお詫びして切りました。

バカヤローのお陰で何回も謝る羽目になったよ。。。

 

新浦安駅で人様の脚を蹴っ放った奴を捕らえたことが2回あります。1人は酔っ払い。激しく抵抗してこっちはホントにシャツ破れましたが、監視カメラが私の正義をばっちり映していました。囲んでいた5人のお巡りさんに、電話で奥さんが謝っていました。1人はイキがったニイちゃん。腕を捩じり上げて交番まで引っ張ってき、着いた途端に被害者面を始めましたが、これまでも同じようなことをやったことがあるらしく、電話口の親に怒られて引き下がり、私は件の親から謝罪を受けました。勝手に暴れて骨が折れたとか騒いでいて、どうやらホントに折れたみたいでしたが、振り解こうともしていない私の腕を掴んでいた手の指が折れようが、それは私の知ったことじゃない。

で今回含めて3戦3勝ですが、少なくとも初めは駅員さんもお巡りさんも中立だし、真実を言っている方が嘘言っている方に必ず勝つと確信する程流石の私もナイーブではないし、監視カメラが(相手の正義を写すことはあり得ないとしても)常に私の正義を捉えているわけではない。

反応せずに堪えて泣き寝入りするのも嫌ですが、万一こっちのせいにされたら懲戒処分されかねない弱いサラリーマンなんだから、こうやって人様に絡んでくる奴らなんとかして欲しいです。

腕を吊って歩いていると

術後1ヶ月間のことだったので、もう外れて長いですが、これ見よがしなアームスリングをしてました。

 

メーカー違いますが、こんなの↓

 

目立ちます。目さえあれば認識できます。(注1)

こんなんなので、世の人達は気を遣ってくれるだろうと思いがちです。

 

が、

 

基本的にそんなことないです。

気遣いを感じることもありますが、大概ないです。

 

《座っている時》

まあ私、あまり座らないのですが。

座席よりも幅が広いのにどうしても座りたいなら座席幅まで目一杯縮こまればいいものを(細い人の理屈かも知れませんが、シェアするってのはそういうことだと私は思います)、肩やら肘やらグイグイ押し込んで隣を圧迫したり、被さってくる奴がいます。「痛いので患部を押さないでいただけますか?」とクレームします。

 

バッグを前に抱え、或いはバッグを抱えなくても、スマホを両手打ちし、脇が甘くてやたら肘を動かして擦り付けてくる奴がいます。「触んじゃねーよ、気持ち悪りーな」とクレームします(注2)。自分がされて気持ち悪くないのかしら?私は若くて美しい女性が相手でも嫌だ。

困っている自覚のあった私は、自分よりは困ってなさそうな人がよく座っているシルバーシート行った方がよかったのかしら。

 

《歩いている時》

通行の流れに沿って歩いている私(注3)に、対面からぶつかってくる奴がいます。

流れに逆行して他者の通行を妨げている点同じですが、初めから狙って目掛けてくるとまでは言わないが相手が自分を避けないとみたら向かってくる奴(Type1)と、自分の最短経路のためなら人の流れを乱すこともぶつかることも厭わない奴(Type2)。大概男性。わざとぶつかるから謝りもしなければ振り返りすらしない。あと大半はぶつかってこないで最後は避けますが(Type3)が大半ですが、それは「避けたフリ」です。気付けないのか気にしない戦後民主主義なのか知りませんが、天邪鬼にも流れに棹差して自ら創作した他者との対立関係で引いても、「譲り合い」とは言いません。自作自演。

わざとではないかもしれないが突撃してくる奴もいます。横向いて話していたり(Type4)、店に気を取られたり(Type5)。残念ながら、これは多くは女性。人様の邪魔をしているのに気付かない。うちの嫁も時々ぶつかられたとか言いますが、一緒にいて観察していると、嫁の方が悪かったんじゃないかと思う。

 

スリング装着期間中、私と正面衝突してギャグ漫画のように吹っ飛んだType5女性がいました。狭い通路4人並んで塞ぎ、真横向いて喋りながら対向の私の進路を空けない。半身になって怪我をしている腕を持っていかれたり腕に当たられたらもっと困るので、半歩避けせず止まりましたよ、私は。そこにまともに突っ込んで来ました。対向1人分さえ空ければ通りようもあるのに。

スリング外れた後も、対向してきた女性が、大きく蛇行して私の動線を横切り、それから斜行して再度私の動線に入って私(の右肩)にぶつかりました。そして「わざとぶつかっただろ」と声を上げてました。通路端寄りを真っ直ぐ歩いていた私に対して何という言い草でしょうか。早く治りたい右肩をわざとぶつける筈も無いし、どっち行けば不規則運動しているお前を避けられるかなんて分かんねーよ。

 

ああそうか、こいつらは、、、

当たり屋か❗️

 

そもそも周りを見て合わせられない/他者を尊重できずに部分最適(自分の目先の利益)をナチュラルに優先するところが人格障害。加害者が被害者面するところも人格障害

 

言っとくけど私避けてます。寸前でなく、数十m手前で相手を視認したところからポジションを調整します。

上述「避けたフリ」をするのが大嫌いなんです。

ブラインドでの出会い頭なら大概私が退いて回避しています。衝突時の私の速度は大概0です。

 

若き日の可哀想な私は思いました。

↓こんな風だったらなあ

f:id:ABi-R:20190601085416j:image

https://twitter.com/nba_wy/status/482186219007131648

 

f:id:ABi-R:20190601092117j:image

【初代デミオのCM出てました ©︎マツダ

身長203cmです。

体重103kgです。

先日NBAドラフトでワシントン・ウィザーズに指名された八村塁さんのポジションのレジェンドです。神マイケル・ジョーダンさんを挙げるのはベタに過ぎるということもあって、モスト・フェイバリット・バスケットボーラーに挙げるスコッティ・ピッペンさん。

こんなデカくても多分Type4,5の人には見えないと思いますが、Type1,2の人には効果覿面。彼らは自分より強そうな人にはぶつかりません。

日本での実生活には180cm超えると不便だと思いますが。

 

注1:大分前、20年以上前、スマホ見ながら歩くとかいうバカモンが大量に発生する前の話。くっちゃべりながらフラフラ歩って、追越しを掛けていた私にぶつかった奴に言ったことあります。「前が見えない人は目が悪いんだから仕方がない。でも後ろが見えない奴は頭が悪い。自分が馬鹿ではないと思うなら、周りに目を配れ。」今は視力あるはずなのに前が見えない馬鹿だらけですが。

注2:大概女性ですが、相手が女性だから強い言葉を発している訳ではありません。「太っていても座りたい」権利はあると思いますが、ゲームやらLINEは周りにぶつかったりする権利を与えていないと思っているだけ。

注3:大概左側ですが、日本(少なくとも都市部)の通行マナーが左側通行で出来上がってるからであって、別に左側通行原理主義ではないので、右側通行指定されていれば右を歩くし、流れが右側通行なら右を歩くもんだと思います。

 

Zwift復帰&...

手の不自由時あるあるで、つい駆け上がった階段で躓いて右膝を打ち、これの痛みが思いの外酷くて暫く歩行に支障あったため、Zwiftも休止していました。

といっているうちに左膝の屈伸も苦しいという、怪我の痛みより運動不足ぢゃないか?という状況になったところで右膝が概ね癒えたことから、Zwiftに復帰しました。

 

本日もWatopiaのフラットコース、Tempus Fugit。

荒涼とした土地を走りますが、景色が変化に富んで心地よいです。

 

遠景は冠雪した山。

f:id:ABi-R:20190715112053p:image

 

色彩の変化に富んだ花畑。
f:id:ABi-R:20190715112105p:image

 

恐竜はガソリンスタンド横の台座の上なので、作り物という設定ですな。
f:id:ABi-R:20190715112058p:image

 

タイムトライアル区間1本目は11分14秒で3番手、1番手は11分11秒。これなら1番取れるわと2本目はペースを少し上げる。10分48秒で1番。

f:id:ABi-R:20190715112621p:image

KOMじゃないのでジャージが変わる訳でもなく。脚力なくても順位取りたい人は、3連休最終の月曜朝が狙い目です。

 

本日のライドは1時間で終了。
f:id:ABi-R:20190715112617p:image

 

午後から嫁のBianchi Vialeをバルコニーに上げました。

f:id:ABi-R:20190715173743j:image

放置期間が長かったので汚れるとかタイヤの空気がないとかは仕方ないとして、フェンダーの歪みが酷い。押して直る程度なら良いですが、折れる程圧迫するってどーなのよ?

f:id:ABi-R:20190715173807j:image

置きっぱにしていた私が悪いといえば悪いのですが、何でモノを大切に扱えないかな。

本日は解体。

グリップの抜き取りとBBに苦労しました。

チェーンリング側のBBが固着して回らなかったので、ラスペネを吹いたところで終わり。

 

 

 

毎週土曜日は雨ですが

夜空が見えないので、代わりに有楽町にプラネタリウム見に行きました。

コニカミノルタ プラネタリア TOKYO in 有楽町マリオン

planetarium.konicaminolta.jp

増えましたね、プラネタリウム。というか増えたのはコニカミノルタの施設なので、注力事業というところでしょうか。

 

10時半頃までの天気予報では今日は曇り、雨は日付が変わった後だったのですが、昼頃には夜9時頃から雨、午後には15時頃から雨とどんどん前倒し。15時少し前、有楽町に着いた頃には降り出しました。またかー。

 

最近のプラネタリウムは音楽とか企画モノが多いですが、個人的にはオーソドックスなのが好き。

planetarium.konicaminolta.jp

 

上映開始前は撮影可能です。

f:id:ABi-R:20190714113050j:image

スクリーンに映し出されるステンドグラスのような天井。明るさのためフォーカスが甘く見えますが、暗がりの星は鮮明でした。

 

すっかり癒されて爆睡しました。

隣の女性の方ごめんなさい。

私より寝不足で寝落ちリスク高いかと思われた嫁は、さすがのプラネタリウム好き、覚醒してました。私がいびきをかいたので止めるために寝ている間もなかったと。副次的効果として隣の男性の臭いが殆ど気にならなかったそうです。

いいことしたなあ、私。。。

 

その後は銀座を1時間半程歩いて疲労困憊。街歩き1時間半は山を6時間走るより疲れます。這々の体でGINZA SIX内の「il Cardinale」に入って夕食。

www.ilcardinale-ginza.com

 

飲酒しない我々にトラットリアで70ユーロは些か高いなあと思いますが、カルボナーラもニョッキもかなり高得点。

f:id:ABi-R:20190714115702j:image

 

トスカーナ料理の店ですが、プーリア料理のフェアをやっていました。

f:id:ABi-R:20190714115711j:image

ブッターラチーズの肉巻きはちょっと重かった。

 

日付が変わる頃床に着いたら、翌日は14時まで寝てました。

恐るべし、街歩き。

 

 

 

 

 

富士山山梨側明日開山

今登れないのに、先日の北岳に続いてまた登山について投稿。

シーズンなんで。

 

富士山には11回登り、ヘタリアンな私は2回途中下山しているので、登頂は9回。山梨側と静岡側とでは、山行スタイルが変わります。

限りなくソロハイカー/ソロランナーの私が、山梨側からはソロで登った回数0。山小屋泊で友人や家族を連れてのガイド登山をし、初心者を連れての登頂率100%の自称優秀なガイド。

「一度も登らない馬鹿」から脱却する人は、1番安全な山梨側からグループで楽しく登りましょう。高山病予防のため、喋り過ぎないほうがいいです。

【吉田、須走、御殿場ルートは途中からでも御来光見えます】

f:id:ABi-R:20190626224702j:image

【5合目からで十分満足できる南アルプスの眺め】
f:id:ABi-R:20190626224716j:image

【山頂からは南アルプス全景見えます。北岳すら遥か下】

f:id:ABi-R:20190626225233j:image

 

静岡側から入山するときは、シーズンオフの日帰り。シーズン中に登った回数0。1番楽な富士宮口5合目からから入山した経験も0。

一般に御殿場ルートがロングコースとして知られますが、景色が変わらず砂が深いので肉体的にもですが精神的に厳しいです。楽しくありません。体力に自信ある「二度登る馬鹿」は、ほぼ同標高スタートで更に長い須山ルートを登りましょう。水ヶ塚駐車場前から入山、富士山では貴重な花咲き薫る樹林帯を登り、美しい御殿庭を通過したら宝永火口を掠めて富士宮ルートから登頂、下りは大砂走りを駆け下り、2合8勺中継小屋跡からトラバースして樹林帯を幕岩、御胎内に寄って帰ってくるという圧倒的にヴァリエーションに富んだルートが楽しいです。積雪期も、大内院(山頂火口)への降り口は富士宮山頂寄りだし。

【大内院は積雪期限定】
f:id:ABi-R:20190626224706j:image

【5月も後半になると雪の富士山も安全に楽しめます】

f:id:ABi-R:20190626230144j:image

【気持ちのいい樹林帯】

f:id:ABi-R:20190626230037j:image
f:id:ABi-R:20190626224710j:image

 

夏場(晩秋ですが)の須山ルート山行記録

https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-529299.html

 

残雪期の須山ルート山行記録

https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-458185.html

 

レーニング目的でなく純粋に山を楽しむなら、主要4ルートでなく須山ルートか村山ルートです。このルートであれば他の山と同じくらい楽しいです。)

このルート、距離・標高差は甲斐駒ケ岳黒戸尾根同等で、充実したトレーニングができます。それでいて、ランナーのスピードなら昼前下山できます。

黒戸尾根(竹宇駒ヶ岳神社)より40km・30分近い、箱根同等のアクセスNo.1クラス(浦安市からの場合)、渋滞が始まる前に東名厚木I.C.〜大和トンネル区間を通過できます。

 

もー、これは登るしかないですよ。静岡側山開き前、来週末7月7日日曜までがチャンス。

 

小山実稚恵 ベートーヴェン、そして・・・【第1回】~敬愛の歌~

今日はBunkamuraで再来年まで6回に亘って開催される「ベートーヴェン、そして・・・」の第1回。

来年は生誕250周年、今年はBunkamura30周年イヴェントとして開催されます。

f:id:ABi-R:20190630100917p:image

https://www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/koyama_recitals19_21/?waad=6folNTqF&ugad=6folNTqF#P1

 

小山実稚恵さんは、有名外タレを過度に有難がり国内の優秀なアーティストに目を向けない風潮にある日本(注1)では、国内でのコンサート活動を主体とする数少ないクラシック系アーティストです、多分、私の理解では。

 

《セットリスト》

ベートーヴェン
ピアノ・ソナタ 第28番 イ長調 作品101
シューベルト
ピアノ・ソナタ 第13番 イ長調 作品120(D664)
シューベルト
即興曲 作品90(D899)より第1、2番
即興曲 作品142(D935)より第1〜4番

(アンコール1)

シューベルト
即興曲 作品90(D899)より第4番

(アンコール2)

シューベルト
即興曲 作品90(D899)より第3番

 

冒頭小山さんの挨拶。

これまでも腰の座ったシリーズ企画を打ち出してきた小山さん、今回はベートーヴェンの100番台の作品に光を当てようということでした。で、今回ソナタ28番とシューベルトを採り上げるテーマは、「歌」だそうです。

 

今回は、国内でのコンサートでは初のバルコニー席でした。いや、40年くらい前地元の市民体育館にアイドルが来た時に同じようなポジションでしたか。距離が違いますが。海外の歌劇場のような遥か上から身を乗り出して覗き込む訳ではなく、ピアノ🎹は運指がよくわかりますね。

有名曲のような耳に残る特徴がイマイチないベートーヴェンでは、座席のメリット最大限発揮。小山さんの演奏を目で楽しみました。

ロマン派歌曲の王シューベルトの作品は、メロディアスなアルペッジョが印象的なソナタから段々暗く構築性の怪しい即興曲へという展開が、私のような経験値の低いリスナーには難易度が高い構成でした。

特に作品142はまさに即興的な捉えどころの難しい作品なので、真面目な小山さんのアプローチにインプロヴィゼーション大好きの私の耳が戸惑い、アンコールで作品90に戻って安心した、という感じで終わりました。

 

24ページの小冊子が付きます。耳ではベートーヴェンシューベルトの繋がりが理解できない、即ち企画を理解できない私には大変役立ちます。事後ですが。

f:id:ABi-R:20190630101720j:image

これは開場を早めてもらい、早め入場して熟読すべきですね。

 

でも「いい演奏を聴かせてもらった」という満足感をもって会場を出ました。心は企画を理解したらしい。

 

これで今年の第2四半期の音楽イヴェント終了。

 

気になったが見送ったイヴェントは4件。

アルカトラス(Heavy Metal)→5月来日公演。グラハム・ボネットは聴きたいが、やはりイングヴェイ・マルムスティーンのいないアルカトラスは私にはない。

ラウドネス(Heavy Metal)→東京での単独公演は多分5月が今年最後。1度は聴きたいと思いつつ、樋口宗孝さん亡き今優先度上がらず。

ラプソディー・オブ・ファイア(Heavy Metal)→バンド名が短い時代の作品は凄くよかったと思うのですが、ルカ・トゥリッリもファビオ・リオーネもいない今のバンドより、トゥリッリ/リオーネ・ラプソディーに興味あり。

アルミンク指揮王立リエージュ・フィル&小林愛美ちゃん→7月1日でまだチケット手に入りますが見送り。嫁がワルシャワに出稼ぎ行って間も無くなので2009年、12歳か13歳でワルシャワの音楽祭に出演して話題になってました。という縁から、我が家的には彼女は小林さんでなく、愛着を持って愛美ちゃん。満を持して臨んだショパン・コンクール2015の本選で選外だったのは残念でしたが、我が家は応援します。来年ソロ・リサイタルに行くでしょう。

 

その後は「元祖くじら屋」。就職した時既に109で営業していましたが、初めて入りました。私は大変満足しましたが、嫁はやっぱり合わず。気になりつつも今まで入ったことなかったのは、そーかなと思ったからですが。

【鯨の天ぷら定食、アラカルトのスモーク、コースの前半の刺身と唐揚】

f:id:ABi-R:20190630110649j:image

【最後はお茶漬け(出汁を掛ける前)】

f:id:ABi-R:20190630110700j:image

今の店は設備というか建物自体の老朽化のため、7月いっぱいで一旦閉店、近くに移転して仮営業するそうです。ああ、今の店のうちに行けてよかった。

 

嫁のお腹がいっぱいにならなかったので、ほぼ向かいの「ESPRESSO D WORKS」でデザート。運良く待ち時間なしで入店。オペ難でその後微妙に待たされましたが。

f:id:ABi-R:20190630114955j:image

f:id:ABi-R:20190630115007j:image

我々のような世代が行くということは、パンケーキブームももはや終焉でしょう。

 

注1:私はその典型。

週末の予習

ベートーヴェン好きじゃないようなこと言いながら、今週末はまたベートーヴェン

シリーズものの第1回ですが、今年調子に乗って大枚叩きまくって音楽会の予約を大量に入れたことを反省しているので、第2回以降は見送ると思いますが。

 

ベートーヴェンについては、先日発見がありました。

日本人初のショパン・コンクール入賞者田中希代子さんの2枚組「東洋の奇蹟」。

田中希代子~東洋の奇蹟~

田中希代子~東洋の奇蹟~

 

1年程前買っていたのですが、目当ては2枚組のうちのショパン・コンクールの方で、もう1枚、ベートーヴェンの「皇帝」が収録されている盤は、一緒に買ったミケランジェリジュリーニの「皇帝」(注1)がつまらなかったので、聴かないで放置してました。

【ワタシ的には外れのミケランジェリ盤】

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」&第3番

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」&第3番

 

 

アルゲリッチさんと小澤征爾さん/水戸室内楽管弦楽団によるピアノ協奏曲第2番の演奏に感動し、ひょっとしてベートーヴェンいいんじゃないかと思った私は、iPhone Xの中のライブラリーを漁っている最中にこの田中希代子さんのベートーヴェンを再発見し、聴いてみたのでした。

 

したら!

 

この煌びやかさ❗️

この躍動感❗️

 

ミケランジェリ盤よりも数倍いいです。

素晴らしいです。

同じライヴ盤でも、あり得ない程正確なあっちと比べるとミスタッチ等多いですが、いかにも音楽がある感じがします。

鍵盤から、だと打鍵音なので違うか、響板から音符🎵が踊りながら飛び出してくる感じです。

 

この感動を嫁にも共有しようと聴き比べをさせたら、、、、。

 

ミケランジェリの方がいい」と言われてしまいました。。。

 

ヤバい❗️性格の不一致か⁉️

 

更に傷口を拡げるリスクを冒しながら、一致点を見出そうとする私。

ベートーヴェン繋がりで、ハイフェッツ五嶋みどりなどリサイタル・ライヴに1曲入っている系を除くと過去30年程に亘って私のほぼ唯一のベートーヴェン作品CDであるベーム指揮ウィーン・フィルの第九(80年録音盤)とあんま面白くない嫁のアバド指揮指揮ウィーン・フィルの第九を聴かせます。

ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」

ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」

 
ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」

ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」

 

 

見解が見事一致しました。

 

「独唱はベルカントに限る❗️」

 

86年アバド盤のエスタ・ヴィンべルイより80年ベーム盤のプラシド・ドミンゴに2人とも軍配。

たとえドイツオペラでもドイツ系合唱曲でも、特にテノールベルカントです。バッハのマタイもベルカントでいいです。

ヴィンベルイをドミンゴと比べること自体が間違いかも知れませんが。

 

ベームの最初のデジタル録音にして最後のレコード録音は、さっぱり模範的でなく彼の音楽活動の集大成な感じもしない演奏なので、まずは普通に51年フルトヴェングラーとか77年カラヤンとか定番を聴くべきだと思いますが、3枚目のチョイスには入れたい、第九録音史上最も豪華な歌手陣とベーム愛のなせる業かウィーンフィルが格別に美しい傑作だと私は思います。

歌手と同じく、ベームと巨匠になり損なった(と私は思う)アバド と比べるのがそもそも間違っているかも知れませんが。

 

と好き好きでなくて良し悪しの物言いをしていますが、兎角音楽なんてのは趣味趣向の世界。良し悪しでなく好き好きってことですね。

 

シューベルトも予習しとかなきゃ。シューベルトは嫁のウン10年前の「名曲アルバム」(レコード)しかないから、YouTubeだな。

 

注1:一緒に買ったグールドのピアノ・ソナタ集もつまらなかったので、演奏の問題でなくベートーヴェンの曲の問題だと私は理解した。

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」・第14番「月光」・第23番「熱情」

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」・第14番「月光」・第23番「熱情」