甘く香るか青いバラ

ロードバイク初心者がディスクロード+EPSを自分で組んだ記録から始めてみる

スロベニア・クロアチア旅行記 7th day 8月24日金曜日(世界遺産都市ドゥブロヴニク・ステイ)

7日目。晴れ。

《行程概要》

ドゥブロヴニクは「アドリア海の真珠」と称され、魔女の宅急便の舞台とも言われます。今日は移動なし・終日ドゥブロヴニクなので、城壁巡りだけ決めておき、あとはゆっくり。

 

6時過ぎ起床して2度寝。

f:id:ABi-R:20181223112906j:plain

f:id:ABi-R:20181223112955j:plain

朝食はゆるゆる起き出して8時前。Victoriaより1つ下の階のテラス。今回も南西コーナー席。

f:id:ABi-R:20181223113230j:plain

☆5の朝は生ハム。

f:id:ABi-R:20181223113244j:plain

 

1.ドゥブロヴニク旧市街

 

中一帯が世界遺産。この旅7つ目。

歩いて行くのも微妙に面倒な距離なので、車は当初予約の昨日まででなく今日までに変更済(料金は日数的に1週間打止め料金になったので同一、というかうっかり早く返す契約にすると却って遅れた時追加料金を取られるリスクあり)。

旧市街直上の🅿️に駐めました。すごく高かった。料金記憶違いかもしれない。

 

ブザ門Vtra od Buzaから街に入り、プラツァ通りPlacaへ。

f:id:ABi-R:20181223114704j:plain

f:id:ABi-R:20181223114821j:plain

 

⑴城壁Grandske Zidine(TA1/140)

3箇所ある入口のうち、聖イヴァン要塞Tvrdava Ivanaから入りました。門と要塞を勘違いして、入口のない城壁の外を少し無駄歩きしました。

料金→Kn150@1人

 

城壁に上りました。

f:id:ABi-R:20181223120339j:plain

↓すぐこういうことする奴。

f:id:ABi-R:20181223120455j:plain

f:id:ABi-R:20181223120559j:plain

f:id:ABi-R:20181223120614j:plain

 

そういうコース取りを選んだからですが、どんどん登っていきます。

f:id:ABi-R:20181223120709j:plain

f:id:ABi-R:20181223120815j:plain

 

レヴェリン要塞Tvrdava Revelinを過ぎてドメニコ会修道院Domenikanski Samostanを見下ろします。

f:id:ABi-R:20181223121137j:plain

 

最高点ミンチェタ要塞Tvrdava Mincetaが見えてきました。

f:id:ABi-R:20181223120835j:plain

f:id:ABi-R:20181223121416j:plain

 

ブジャ門Vrata od Buzaの上まで来ました。

f:id:ABi-R:20181223121654j:plain

 

ミンチェタ要塞Tvrdava Mincetaに着きました。

f:id:ABi-R:20181223121942j:plain

f:id:ABi-R:20181223122255j:plain

これが要塞の図。

f:id:ABi-R:20181223122211j:plain

振り返ります。

f:id:ABi-R:20181223122615j:plain

 

f:id:ABi-R:20181223122719j:plain

f:id:ABi-R:20181223122842j:plain

 

ピレ門Gradska Vrata Pileまで来ました。オノフリオの大噴水Veliko Onofrijeva Fontanaを見下ろして、城壁巡りは終了。ボカールTvrdava Bokar方面に登るのは止めます。
f:id:ABi-R:20181223123030j:plain

⑵聖ヴラホ教会Crkva sv. Vhaha(TA70/140)

ファサードの上にいる聖ヴラホの手に載っているのは昔のドゥブロヴニク旧市街

f:id:ABi-R:20181223123928j:plain

内部はバロックと紹介されてますが、ルネサンスじゃないかな。

f:id:ABi-R:20181223123952j:plain

 

⑶旧総督邸Knezev dvor(TA35/140)

料金→Kn50@1人

ここは独立国ラグーサ共和国でヴェネツィア支配は受けていませんが、これはヴェネツィアン・ゴシック様式

f:id:ABi-R:20181223125049j:plain

f:id:ABi-R:20181223124247j:plain

内部は色々。ここは新古典。

f:id:ABi-R:20181223124949j:plain

窓から大聖堂(聖母被昇天教会)Katedrala Uznesenja Marijna(TA38/140)。

f:id:ABi-R:20181223130254j:plain

 

そろそろお昼なので、ベーカリー寄ってパン買って、旧市街を出ます。

 

西に2km程のINAで給油し、ホテルに荷物置いて、車を返却します。

f:id:ABi-R:20181223131134j:plain
INAで走行距離は1494kmでした。今年それまでGT-R乗った距離より長いかな。

Hertzレンタカーの事務所は、GoogleMapの表示より1区画西、スーパーマーケットPemoの入っている建物の東端。

Mapに表示ある道は存在しません。

車は、スーパーの前、くぐれるのか怪しい狭ーい門の先が駐車場っぽいですが、そこに頭を突っ込んで返します。

海外のレンタカーは大概返却時点検なく、自分の荷物降ろしてキーか、キー付けっ放しの車を係に渡すだけで、返却完了。

12月になってもHertzから連絡来ないので、交通違反も切られていない模様。

 

その後はスーパーPemoで日本への土産菓子とソフトドリンク類を買い、炎天下、微妙に遠い600mの緩い坂を登ってホテルに帰りました。

 

Hertzの前あたりから海岸に降りるとPublic(有料です)の海水浴場。ここには砂浜があります。

f:id:ABi-R:20181223131620j:plain

 

ホテルまで来ました。

f:id:ABi-R:20181223131441j:plain

ランチは涼しい部屋の中で。

f:id:ABi-R:20181223131900j:plain

f:id:ABi-R:20181223131959j:plain

 

今日はゆっくりデーなので、午睡をして、ホテル内散策。

プライベートビーチに降りました。

f:id:ABi-R:20181223132703j:plain

f:id:ABi-R:20181223133252j:plain

地中海でも最も水質がよいと言われる水域。かなり深いところまで見えました。

f:id:ABi-R:20181223133422j:plain

f:id:ABi-R:20181223133600j:plain


20時が近付いたので、再び旧市街へ。

f:id:ABi-R:20181223150131j:plain

 

レストラン・ドゥブロヴニクDubrovnik(TA4/359)。

大聖堂近くの路地沿い。ちょっと分かり難い場所ですが、2階テラス奥の、路地を見下ろす席に案内してもらいました。

f:id:ABi-R:20181223150157j:plain

 

f:id:ABi-R:20181223150614j:plain

f:id:ABi-R:20181223151314j:plain

満足。Kn560、安い。

f:id:ABi-R:20181223151043j:plain

ごちそうさまでした。

 

ドゥブロヴニク出身の詩人イワン・グンドリッチIvanu Gundulicuの像の立つ広場。日中は市が立っています。

f:id:ABi-R:20181223152409j:plain

 

間も無く22時のルジャ広場Luza Trg。コンサートが始まりそうです。

オーケストラとエレクトーン⁉️

f:id:ABi-R:20181223151531j:plain

演奏が始まると、

驚きのラフマニノフパガニーニの主題による狂詩曲》でした。

https://www.instagram.com/p/BruIiwInNit/

ラフマニノフ《パガニーニの主題による狂詩曲》#dubrovnik #paganini #rachmaninoff

予想外の選曲。

といって最後まで聴いていると遅くなるので、5分程で退散。

明日は最終日。

ゆっくり寝ます。

 

《本日の移動》

運転は5〜6km程度なので、省略。 

 

《Optional》

・ロクルム島Otok Lokrum(TA10/140):植物園があるようですが、これという史跡はないようなので、調べもせず行きませんでした。ホテルの中庭で会った人も「オススメだよ!」とか言ってました。沢山出ているので、ボートツアーで周るだけでもいいかも。意外なほど順位が高いので後で調べたら、野生化した孔雀と兎🐰が沢山いるってとこでしょうか。ヌーディストビーチ(「地球の歩き方」にも載ってました)で人気が高いわけではないようです。