甘く香るか青いバラ

ロードバイク初心者がディスクロード+EPSを自分で組んだ記録から始めてみる

RESPRO スポーツマスクのレビュー

先週末のライドから、本格花粉対策のため、マスクを防寒/口元覆うだけ目的(注1)のものからRESPROのに切り替えています。

f:id:ABi-R:20201016120518j:plain

 

昨年2月に注文したものが約1ヶ月後に到着し、コロナ禍により長期化する在庫切れのためスペアフィルター入手不能な状態で使用を開始したのが昨シーズン終盤でした。ブラックフライデー期にスペアフィルターが入手可能になり、フィルター6枚持ち(訂正。6枚でなく10枚でした。パッケージが嵩張るので詰め替えていました。)で今シーズンを迎えました。耐用時間上は3年分(訂正。5年分)以上、衛生面考えると2年分(訂正。3年分)てとこですかね。まあ割と安心していられる状態です。

f:id:ABi-R:20201016120522j:plain

 

で公式サイトで「スポーツマスク」と記載される商品名の件。"sports™️”は「スポーツ」でも「マスク」でもなく“sport s ™️”=「スポーツS ™️(™️は謎)」じゃないかと唱えてきましたが、間違っていた気がしています。

f:id:ABi-R:20200317235236j:plain

シティマスクのアウター頬部分をメッシュにし通気性をアップ、さらに排気量が大きいパワバルブを装備したスポーツモデル。
運動量の多い自転車や夏場の利用におすすめ。

http://www.respro-jp.com/respro_mask.html

と謳っているスポーツ特化モデルなんだから、「スポーツ(TA)」だな。で、“TA”は“TIME ATTACK”の略。“SUITABLE FOR ON & OFF ROAD PURSUITS”とも言っているし。ゆえ、読みは「すぽーつ・てぃーえー・ますく」。“Financial Advisor”は「ふぁ」じゃなく「えふえー」、“Initial Public Offering”は「いぽ」じゃなく「あいぴーおー」、“Internet on Things”は「いおっと」じゃなく「あいおーてぃー」。昔“Information Technology”を「あいてぃー」でなく「いっと」と読んだ偉いお方が先日また別のお役を辞任されてましたけども。

これで決定でしょう。やっぱり「」は違う。

 

レビューです。

あくまで花粉期自転車用としてです。夏に使ったことはありません。

ここがグッド!

  • 高性能帯電フィルターが花粉、PM2.5、黄砂などをよくブロックします、多分。
  • 密着性が高いので、高性能フィルターがしっかり機能しています、多分。
  • 大容量バルブによりしっかり排気するため、厚いフィルターでもスムーズに吸気できます。

ここがちょっと...

  • アルミ製ノーズクリップは調整可能ですが、タイトにしてポジションを上げるとサングラスのノーズパッドに干渉するため、被せるように掛けるサングラスが遠くなります。或いはルーズにしてポジションを下げるとサングラスから押し下げ圧力が掛かるため、鼻が苦しくなります。→要はサングラスとの併用は難しい。
  • 透湿性はないので、呼吸気の水分が凝結してフィルターが濡れ、自転車レベルの運動でもバルブや顎から水滴になって垂れる程になります。→濡れたフィルターには通気性はないので、息が苦しい。
  • 基本的に息が苦しいくらいだから、暑いです。4月は辛いです。夏するのは嫌だ。
  • 顔が小さい方の私がLサイズをしてもストラップが短い。
  • 後部マジックテープ留めのストラップは、耳の下を通す取り回しのため下方向に引っ張られます。→鼻の高い私がきつく留めても使っているうちに下がり気味になります。鼻翼が押されて息苦しくなったり、鼻から外れて下がったり。
  • 一所懸命呼吸する影響でフィルターに当たる鼻屋〜鼻翼部が擦り剥けます。→僅かですが出血します、私の場合。先日(ズレると日焼けする恐れありますが)ワセリン塗ってみたら何となく抑制できたよう。

うん、ネガティヴポイントの記述の方がボリュームが圧倒的に大きいです。そこまでネガティヴという訳ではないと思いますが、総合的には60点ぐらいでしょうか。

自転車メイン・ターゲットとしては、私にとってはノーズクリップが致命的な弱点です。レンズサイズの大きいオークリーJawbreakerとは格別に相性が悪いようです。上下幅の小さいメガネではクリップはそこまで悪さしません。

但し、Jawbreakerでは特にですが、サングラスでもメガネでも何もなしでも等しく下がりがちな点が第二の致命傷。このせいでフィルターの性能と関係のないところで息が苦しいです。

 

今度エリナムのマスクで自転車乗ってみようかしら。あっちも花粉対策用としては高性能だし、メガネを曇らせないよう上部に着いているパッドはレスプロより大分スリムです。

 

因みに、以前から自転車用のスポーツマスクとしてはRESPROの他にNAROOがあり、あちらはネックゲイター型等見た目も控えめでRESPROに発生するような問題がないようなタイプがあります。が、私、使ったことありません。

 

尚、バルブ付マスクは、構造上、外→内に対しては強いですが、内→外はあまりブロックしません。「自分が既に感染し、感染源になる可能性がある」ことを踏まえた行動が求められる新型コロナウイルス感染症COVID-19対策グッズとしては、人混みで使うのは止めといた方がいいです。

先日エリナムのマスクでApple Storeに入ろうとしたら(予約済)、止められました。「よく分かっているな」と感心しながら普通の不織布マスクに替えて入りましたけども。

 

注1:COVID-19感染予防という観点では、歩行者と距離をとって30km/hくらいでサイクリングロードを走るソロの自転車が感染する可能性は限りなく低く、その逆も然り。ゆえ乗車中は防寒目的以外では特に口元を覆うこともしませんけども。