甘く香るか青いバラ

ロードバイク初心者がディスクロード+EPSを自分で組んだ記録から始めてみる

江戸川峠ライド140km

買って組んでるだけみたいな記事になってますが、本日はライドで。

山行(というか深夜の運転)には今週は平日の睡眠が足りていないので見送り、今日は平日と同じ時刻起床で江戸川へ。

 

自転車乗るときは殆ど止まらないので写真は少ないです。

 

天気.jpによれば、出発時の浦安市付近は風速8m/sの南風。即ち強い追い風。

右岸を遡上します。実際に5m/sを超える強風が吹いたのは半分手前三郷のあたりまでだと思いますが、容赦無くスピード出ます。調子に乗って脚を使うと帰りが怖いので抑えましたが、スタートから61km、関宿城が見えてきたところまで2時間掛かりませんでした。まあ強い追い風ならポジションの高いMTBロードバイクに負けませんが。

 

f:id:ABi-R:20180908172119j:plain

【間も無く江戸川起点。川幅少ない&関宿城圏央道

秋っぽい空ですが、出発時27℃、午前9時頃から29〜30℃くらい。南風が湿気を運んでいるので風に当たっても暑いです。

土手に草刈り作業が入っていますが、サイクリングロード側が最後になっているようで、道が狭いです。

 

f:id:ABi-R:20180908173007j:plain

圏央道の長ーい橋。】

 

f:id:ABi-R:20180908173223j:plain

折り返し点。東北新幹線利根川橋梁。新幹線の通過を待ちますが、待機している間には通りませんでした。残念。炎天下立っているとつらい&マムシ注意看板林立エリアなので、引き返します。この付近は南風3m/sでした。

 

f:id:ABi-R:20180908175037j:plain

国道4号線

 

右岸は55〜60kmあたりの路面が非常に悪いので、帰路は関宿水門から10kの間左岸を走行。

関宿城で休憩していると悲劇が。。。ベンチに立て掛けていたMy SK Diskが風に煽られて倒れました。。。右側に倒れたので、ディレイラーが当たってクリア塗装が剥がれました。幸い変速には影響なかったので帰路困りませんでした。まあ乗っているうちに段々と傷が付いたりしていくもんですから、気にしても仕方ないんですけどね。幸いまだ人間は落車してませんが、ボトルがケージから跳ねて今日も3回落ちました。ELITEのケージとPOLARのボトルの相性だと思っていたのですが、ELITE同士でも重心の高いNANOGELITE650mlサイズと真っ黒が欲しくて選んだCUSTOM RACE(PLUSではない)の保持力不足が相性悪いのかもしれません。

f:id:ABi-R:20180908174916j:plain

【悲しい証拠写真】あとでクリア塗装修正しなきゃ。

因みにViprosのKEITENはすぐ黒くなるので、劣化したのかどうかは乗って判断。

 

f:id:ABi-R:20180908175258j:plain

関宿城

 

向かい風のなかも頑張って25〜30km/hくらいで走りましたが、徐々に風が強まるのと疲労で三郷あたりから平均時速が20km/hを下回るようになりました。多分その辺が風速5m/sくらいの向かい風。

すっかりスタミナ切れになったところで着いた寅さん記念館で最後の休憩、お茶1本500ml160円也と水を補給。最終的に水はお茶と合わせて2.5L以上飲んでますが、6時間のライドが終わっても暫くトイレ行かず。こんだけ飲んでも脱水ですね。

 

最後R357では飛ばす力がもうなかったので、歩道をユルユル帰りました。

往路より復路の方が風速が強まってます。浦安市は風速10m/s。

湾岸住民の私は、冬場になると行きも帰りも向かい風という荒川峠、江戸川峠を楽しめますが、今日は季節外れの厳しい江戸川峠でした。

でもロードって向かい風に強いですね。下ハン握った時の抵抗の少なさは感動的。長時間維持する体は出来上がっていませんが。

Runmeterでは6時間8分、141.18km、平均速度23km/h、最高速度50.5km/h、獲得標高369m、消費カロリー3,712kcal。

STRAVAでは停止時間を拾って5時間41分、平均速度24.7km/h、獲得標高551m、消費カロリー5,304kcal。

データを取っているのは同じiPhone Xですが、うーん、STRAVAの消費カロリーは楽観的に過ぎるのではないかな。

 

 

f:id:ABi-R:20180908183729j:plain

【ライド終了後、洗車のためバルコニーに移動】

 

さて、DE ROSA SK Pininfarina DiskCampagnolo Record EPS DB乗って最長の距離を走りました。今まで車両のレビューを書いたことがありません。

が、比較対象がCannondale Jelyll800とBianchi Viale Lしかなく、ロードバイク としての相対評価ができないので、まだ止めときます。

書けるのは、

エリート NANOGELITE650ml:口元まで氷を目一杯+常温水で、走行風が当たる前側のボトルで保冷性能が残るのは2時間くらい。後ろはもう少し持ちました。

セライタリア SLR KIT CARBONIO:股間の痛みを出さないよう3°程前傾させている影響あると思いますが、股間の痛みなし。お尻は80kmくらいから多少痛くなってきますが、140km走りきるまで苦痛緩和のためのダンシング不要。(Santiniのビブショーツ履いてます。)

フィジーク R4B:50km辺りから足裏が段々痛くなります。アディダスSPDシューズでは起きたことがなく、インソールがペラいせいだと思います。今度退役したランニングシューズに入れていたSIDASに入れ替えてみます。